議会は未来を創る場所
令和6年度予算要望

川畑英樹の所属会派、立憲民主党は、10月31日に市長に面会し予算要望を行いました。立憲民主党としての予算要望は、「市政経営」「防災・防犯」「子育て支援」「教育支援」「福祉」「就労・雇用」「男女共同参画・市民相談」「環境・ […]

続きを読む
議会は未来を創る場所
PFAS検査の補正予算が可決

PFASとは、有機フッ素化合物の総称です。消火剤やフライパンのコーティング剤などとして使用されてきましたが、自然界で分解しにくく、毒性も指摘されている物質であるため、現在は製造と輸入が原則禁止されています。 このPFAS […]

続きを読む
議会は未来を創る場所
令和4年度決算を認定

調布市議会は、令和5年度第3定例会(9月議会)において、令和4度一般会計決算及び各特別会計決算を含む、市長提出議案17件、議員提出議案8件、委員会提出議案2件、陳情6件を審議しました。令和4年度一般会計は、新型コロナウイ […]

続きを読む
声に応え、提案をかたちに
交通不便地区に新たな公共交通を

調布市内には、路線バスやミニバスなどが運行していない、交通不便地区がいくつか存在しています。以前から市には、運転免許を持たない高齢者など、いわゆる交通弱者と呼ばれる方々から、バスを通して欲しいという要望が多く寄せられてい […]

続きを読む
議会は未来を創る場所
令和5年9月議会一般質問 災害対策の的確な更新を

川畑英樹が令和5年9月議会で行った一般質問の要旨は次のとおりです。 災害対策の的確な更新を 川畑英樹 市の防災に、どのような点を重視して取り組んでいるのか。 市長 災害協定締結事業者との協力関係を構築、相互応援協定締結自 […]

続きを読む
安全・安心に不断の備えを
下水道の自然流下化工事を視察

仙川町二丁目地域の汚水はこれまで、仙川汚水中継ポンプという設備を使って、電力で圧送して流していました。災害時に電力の供給が止まった場合のリスクを解消するため、下水道幹線を新設して、ポンプによる圧送方式から自然流下化方式へ […]

続きを読む
川畑英樹の横顔
新しい会派を構成しました

令和5年6月より、新会派「立憲民主党」を構成し、川畑英樹は幹事長に就任しました。 所属する常任委員会は建設委員会で、環境部と都市整備部を所管します。このほか、議会運営委員会、調布飛行場等対策特別委員会等の委員を務めます。

続きを読む
議会は未来を創る場所
令和5年度予算を可決

調布市議会は、2月28日から3月24日まで、令和5年第一回定例会を開催し、令和5年度一般会計予算を含む市長提出議案33件、陳情9件を審議しました。 本会議の冒頭、市長から新年度の基本的施策が述べられました。令和5年度は、 […]

続きを読む
声に応え、提案をかたちに
つつじヶ丘駅南口整備事業

つつじヶ丘駅舎は平成23年、バリアフリー化された新駅舎となりましたが、その後10年以上にわたり、駅南口の整備は取り残された状態でした。令和4年12月、つつじヶ丘駅南口のロータリーと道路を拡幅し、歩行者と自動車の分離を行う […]

続きを読む
議会は未来を創る場所
令和4年12月議会一般質問 高齢者が安心して過ごせる取組みを

川畑英樹が令和4年12月議会で行った一般質問の要旨は次のとおりです。 川畑英樹 超高齢社会の到来を控え、次期基本計画で高齢化施策をどう策定するのか。基本的考えは。 市長 人口構造の変化に伴い多方面の影響を懸念。介護保険事 […]

続きを読む